食育とは?目的やメリット・学び方・学校での取り組みをわかりやすく解説!

近年、「食育」というものが注目されています。「食育」は、食に関することの教育のことということは、多くの人が知っていると思います。
しかし、なぜ「食育」が重要であるのかやどのようにして「食育」をするのかについて知っている人はそこまで多くないと思います。

今回は、食育の目的や学校での食育、家庭でどのようにして食育をしていくのかなどについてご説明していきたいと思います!

目次

食育とは

食育の定義

まずは、食育の定義について整理していきましょう。
食育の定義にあたるものとして、食育基本法の前文にある以下の文言があります。

食育基本法 前文
食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付ける

食育は生きる上で基本となるもので、食育があるから知育・徳育・体育ができるということである。
食育がきちんとできていないと、この3つの教育が効果的に行えないことからもとても重要であります。

つまり、食育というのは、生きる上でも学習を行う上でもとても重要であるということです。

食育の目的

食育の重要性は分かりましたが、なぜ食育をするのでしょうか?食育を行いどのような人間を作っていくのでしょうか?

食育基本法 前文
様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている

上記の文章は、食育基本法の前文に書かれているものです。
このことから、食育は「食」に関連する多様な経験から、「食」の知識と「食」を選ぶ力を習得することが必要ということがわかります。
そして、その知識や習得した「食」を選ぶ力を活用して「健全な食生活」を実践することができる人間を育成することが目的であることがわかります。

また、子どもの食育については以下のように言っています。

食育基本法 前文
子どもたちに対する食育は、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって健全な心と身体を培い豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるものである

子どもの食育は、「健全な食生活」を実践することができる人間を育成するために、生涯にわたって健全な心と身体を培って、豊かな人間性をはぐくんでいくための基礎であるとしています。
そのため、子どもの食育は小学校や中学校などで実践される教育を効果的に行うためにも重要であるとわかります。

どうして食育が重要視されるようになったのか?

食の重要性は以前より主張されてきたものだとは思いますが、
食育基本法が平成17年(2005年)に制定されたことからも、食育というものは比較的最近注目されてきたものだということが考えられます。
それでは、なぜ「食育」が最近になって注目されてきているのでしょうか?

それは、日本人の食生活やその他の生活が大きく変化したことが関係しています。
食育を重要視している背景を食育基本法では以下のように説明しています。

食育基本法 前文※クリックすると条文が見られます

社会経済情勢がめまぐるしく変化し、日々忙しい生活を送る中で、人々は、毎日の「食」の大切さを忘れがちである。
国民の食生活においては、栄養の偏り、不規則な食事、肥満や生活習慣病の増加、過度の痩身志向などの問題に加え、新たな「食」の安全上の問題や、「食」の海外への依存の問題が生じており、「食」に関する情報が社会に氾濫する中で、人々は、食生活の改善の面からも、「食」の安全の確保の面からも、自ら「食」のあり方を学ぶことが求められている。

上記の文言をまとめると以下のようになります。

  • 社会経済情勢が変化して、日々忙しい生活を送っている人が多くなった
  • その中で、毎日の「食」の大切さを忘れがちになっている。
  • 国民の食生活は「栄養の偏り」「不規則な食事」などの問題や海外への「食」の依存の問題など様々な問題が生じている
  • 「食」に関する情報が社会にとても多くあるので、その情報を活用するためにも、自ら「食」のあり方を学ぶことが必要である

このような社会的な問題が背景として、これらの問題を解決するためにも食育を推進して、「健全な食生活」を実践することができる人間を育成することが重要であることがわかります。

食育の目標

食育をなぜするのかについての「目的」はおわかりいただけたかと思います。
では、食育をどのようにするのか、食育の目的を達成するためにどのようにすればいいのかについての「目標」について書いていきたいと思います。

目標の前に、食育は前提以下のように進められなければならないと食育基本法で規定されています。

食育基本法 第二条(国民の心身の健康の増進と豊かな人間形成)
食育は、食に関する適切な判断力を養い、生涯にわたって健全な食生活を実現することにより、国民の心身の健康の増進と豊かな人間形成に資することを旨として、行われなければならない。

つまり、食育は以下の要素を満たすように行うものを「食育」であると言えるということです。

  • 食に関する適切な判断力を養うものであること
  • 国民の心身の健康の増進を目的として行うものであること
  • 豊かな人間形成を目的として行うものであること

しかし、この文言だけでは実際に何をどのように行えばいいのかがわからないです。
そのため。、この文言には以下のような疑問点が残ります。

  • 食に関する適切な判断力とはどのような能力なのでしょうか?
  • 心身の健康はどのようにして増進できるのでしょうか?
  • 豊かな人間形成とはいったいどのようなものでしょうか?

このような疑問に応えるように、今井ゆうぞう YUZOでは、以下にある「食育の16の目標」を示しています。
この目標を全て達成することで、食育の目的を達成できると考えられています。

食育の16の目標

  • 食育に関心を持っている国民を増やす
  • 朝食又は夕食を家族と一緒に食べる「共食」の回数を増やす
  • 地域等で共食したいと思う人が共食する割合を増やす
  • 朝食を欠食する国民を減らす
  • スタビレー STAHLWILLEI ニードルプライヤー (65375160) 6537 5 160 [A011221]
  • 栄養バランスに配慮した食生活を実践する国民を増やす
  • 生活習慣病の予防や改善のために、ふだんから適正体重の維持や減塩等に気をつけた食生活を実践する国民を増やす
  • ゆっくりよく噛んで食べる国民を増やす
  • 食育の推進に関わるボランティアの数を増やす
  • 農林漁業体験を経験した国民を増やす
  • 産地や生産者を意識して農林水産物・食品を選ぶ国民を増やす
  • 環境に配慮した農林水産物・食品を選ぶ国民を増やす
  • 食品ロス削減のために何らかの行動をしている国民を増やす
  • 地域や家庭で受け継がれてきた伝統的な料理や作法等を継承し、伝えている国民を増やす
  • 食品の安全性について基礎的な知識を持ち、自ら判断する国民を増やす
  • 推進計画を作成・実施している市町村を増やす

さらに、これらの目標を達成するために、様々な施策が講じられたり、学習指導要領などに反映されたりして、食育の目的・目標が達成することができるようにされています。

目的・目標の違いについてはこちらの記事をご覧ください

日本の教育の目的・目標をわかりやすく解説〜教育基本法から学習指導要領まで〜

子どもに食育をするメリット


これまで、「食育」の目的・目標について書いてきて、「なぜ食育をするのか」「どのように食育をするのか」についてはご理解いただけたかと思います。
それでは、実際に食育を行うことで、子どもにどのような良い影響があるのかについてまとめていきたいと思います。

健康な身体と心を培うことができる

まず何より、未使用 エルメス HERMES プティアッシュ アイスクリーム バッグ チャーム エプソン レザー ルージュグレナ petit H 90130088な身体と心を培うことができるということです。

上記のカシミア リストウォーマー ロング silverにもある

  • 朝食又は夕食を家族と一緒に食べる「共食」の回数を増やす
  • 地域等で共食したいと思う人が共食する割合を増やす
  • 栄養バランスに配慮した食生活を実践する国民を増やす
  • 生活習慣病の予防や改善のために、ふだんから適正体重の維持や減塩等に気をつけた食生活を実践する国民を増やす
  • ゆっくりよく噛んで食べる国民を増やす

これらの目標を達成するために行われることを子どもたちが経験することによって、健康な身体と心を培うことができると考えています。

例えば、朝食や夕食を家族と一緒に食べることで、自ずと家族とのコミュニケーションが増加して、家族の幸せを感じたり、人と会話することが楽しいと思ったりなど心に大きな影響があると考えることができます。
また、栄養バランスに配慮した食生活や生活習慣病に配慮した食生活ができるようになることで健康な身体を培うことができそうです。

もちろん、これだけが健康な身体と心を培うのではありませんが、この目標を意識して取り組むことで、健康な身体と心に近づくことができそうです。

健康な食生活を行うことができるようになる

健康な身体と心を培うに近しいものですが、健康な食生活を行うことができるようになることも考えられます。

上記の【新品、未使用】サルヴァトーレフェラガモ ベルトにもある

  • 朝食を欠食する国民を減らす
  • 栄養バランスに配慮した食生活を実践する国民を増やす
  • 生活習慣病の予防や改善のために、ふだんから適正体重の維持や減塩等に気をつけた食生活を実践する国民を増やす
  • 食品の安全性について基礎的な知識を持ち、自ら判断する国民を増やす

これらの目標を達成するための活動をすることによって、健康な食生活を行うことができるようになります。

例えば、朝食を欠食しないために、家族みんなで起きる時間を決めてみんなで朝食を取るようにしたり、子どもにもわかりやすく楽しく学べるようにボードゲームで遊んで、健康な食生活がどのようなものかを理解してもらうなどのことが考えられます。

健康な身体や心を培う前提に、この「健康な食生活を行うことができる」ことが必要であると思います。

子どもが楽しく学ぶことができるものに、このようなボードゲームがあります。

サラダマスターについて詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください!

卓上密封包装機専用袋 飛竜 KN-204 2000枚 旭化成 027198004

FLAMMA FS22ディレイとリバーブギターエフェクトペダルタップテンポフリーズトレイルオン機能付きレッドエフェクタATMOSPHERE Stereo Digital Effects Pedal

次に、食育を子どもにすることによって、食事が楽しみになる子どもが増加することが考えられます。
食事を楽しいと思うことによって、「食」に対して興味を持ち、「食」について自分から学んだり、より良い食事をするためにしようとするきっかけになります。
それだけではなく、ただ食事が楽しいと思うだけでも、心にいい影響があると考えることものできます。

上記のディーコレクション18金イエローゴールド 3WAY ダイヤモンド ネックレス 0.1ctにある以下の目標が関係していると考えられます。

  • 朝食又は夕食を家族と一緒に食べる「共食」の回数を増やす
  • 地域等で共食したいと思う人が共食する割合を増やす

人とコミュニケーションをとりながら食事をすることは、年齢関係なく楽しいものだと思います。
その相手が自分にとって大切な人だったり、話の内容が面白かったりすると食事そのものが楽しくなると思います。

「食」に関する社会問題に興味・関心を持つ

近年、食料問題や環境問題などの社会問題が国内・国外問わずその解決が急がれています。
「食」に興味を持つことで、これらの社会問題を解決したいと思う人を増やすことも必要になっています。

そのような背景もあり、上記の食育の16の目標には以下の目標が設定されています。

  • 産地や生産者を意識して農林水産物・食品を選ぶ国民を増やす
  • 環境に配慮した農林水産物・食品を選ぶ国民を増やす
  • 食品ロス削減のために何らかの行動をしている国民を増やす

このように、環境に配慮した食品を選択する力や食品ロスについて考えることができるようになるのも食育で進めていかなければなりません。
このような社会問題について考えることがこれからの時代に必要であることは間違い無いので、食育を行うことによって、「食」に関する社会問題を考えることができるようになります。

学校と食育


それでは、子どもが大きく影響される環境の1つとして学校や保育所などがあります。
そのような教育機関ではどのような食育が推進されるのが望ましいとされているのかについて整理していきたいと思います。

♡ちょこれーと様専用♡ フルラなし 20点 まとめ売り レディース 大量では、食育を行うことにおいて、学校や保育所などがとても重要であることを以下のように言っています。

第4次食育推進基本計画
子供たちの食の乱れや健康への影響が見られることから、学校、保育所等には、引き続き、子供への食育を進めていく場として大きな役割を担うことが求められている

そして、学校や保育所は以下のように食育を子どもに行うとされています。

第4次食育推進基本計画
様々な学習や体験活動を通し、食料の生産から消費等に至るまでの食の循環を知り、自然の恩恵として命をいただくことや食べ物が食卓に届くまでの全ての人に感謝する気持ちを育むことは重要

このことを整理すると

  • 食料の生産から消費等に至るまでの食の循環を知る
  • 命をいただくこと・食べ物が食卓の届くまでの全ての人に感謝する気持ちを育む
  • これらのことを学習・体験活動を通して育成する

ということになります。

しかし、これだけでは実際に何をすればいいのかわかりません。
そのため、学習指導要領や幼稚園教育要領などに具体的にどのように食育を進めていけば良いのかを示しています。

幼稚園・こども園・保育園での食育

幼稚園

幼稚園教育要領
先生や友達と食べることを楽しみ、食べ物への興味や関心をもつ

幼稚園の教育の内容などを示している「幼稚園教育要領」では、指導するべき内容として上記の「先生や友達と食べることを楽しみ、食べ物への興味や関心をもつ」ことが示されています。
そのため、幼稚園では、先生や友達と楽しく食事をすることで、食べることの楽しさや喜びに気付くことができ、
食事を基点として、幼稚園での様々な活動に取り組むことができ充実した生活を送ることができます。

また、幼稚園では以下のように上記の「先生や友達と食べることを楽しみ、食べ物への興味や関心をもつ」を行うとしています。

幼稚園教育要領
健康な心と体を育てるためには食育を通じた望ましい食習慣の形成が大切であることを踏まえ、幼児の食生活の実情に配慮し、和やかな雰囲気の中で教師や他の幼児と食べる喜びや楽しさを味わったり、様々な食べ物への興味や関心をもったりするなどし、食の大切に気付き、進んで食べようとする気持ちが育つようにすること

つまり、「先生や友達と食べることを楽しみ、食べ物への興味や関心をもつ」ことを実現するために、食の大切さに気づくようにし、進んで食べようとする気持ちが育つようにすることが必要だとしています。
そのためには、和やかな雰囲気で教師や他の子と食べる喜びや楽しさを体験したり、色々な食べ物へ興味を持ったりすることなどをする必要があるとしています。

こども園

幼稚園と違い、0〜満3歳未満の子どもも預かる子ども園では、年齢ごとに応じた内容が「ナスタ(NASTA) ポスト 前入前出 屋内タイプ 上開き 2戸用 静音大型ダイヤル錠 KS-MB4002PU-2L-S ステンレスヘアーラ」で示されています。

幼保連携型認定こども園教育・保育要領※クリックすると条文が見られます

乳児期
個人差に応じて授乳を行い、離乳を進めていく中で、様々な食品に少しずつ慣れ、食べることを楽しむ

満1歳以上満3歳未満
様々な食品や調理形態に慣れ、ゆったりとした雰囲気の中で食事や間食を楽しむ

満3歳以上
保育教諭等や友達と食べることを楽しみ、食べ物への興味や関心をもつ

認定こども園の教育・保育の内容などを示している「大谷 翔平 北海道 日本ハム ファイターズ ユニフォーム Lサイズ」では、指導するべき内容として上記のことが示されています。

乳児期の子どもについては、授乳という生理的欲求を、子どもに合わせてゆったりとした環境で満たすことによって、子どもは安心感を持って園での生活を行うことができるようになるため、とても重要です。
そのような安心感から、食べたことのない離乳食にチャレンジすることができたり、食事以外の活動を活発に行うようになります。
今後の食育にもつながるとても大事な段階ですので、食事がとても楽しくなるように工夫する必要があります。

満1歳以上満3歳未満の子どもについては、1歳の子どもでは離乳が完了した子と未了の子が入り混じるため、子どもの状態に合わせて食育を進めていく必要があります。
この時期の子どもは離乳が完了していても、まだ食べたことのない食べ物が多いため、それらにもチャレンジできるようゆったりとした環境で、食事を行う必要があります。
その時に、色々な食べ物を食べることや食事そのものが楽しくなるように、

「初めての味だけど、さっぱりしていて食べやすいよ」
「トロトロに煮込んであるからおいしいよ」

といったポジティブな声かけを行うようにしましょう。

満3歳以上の教育内容は、幼稚園のものと同じになっていますので、割愛します。

保育園

保育園の保育内容を示している「Renati-DB レナーチ ダークブラウンマルチラススーパースプリングマットレス付き組立設置付 横開きセミダブル レギュラー丈 深さラージ」では、指導するべき内容として上記のことが示されています。

保育所保育指針※クリックすると条文が見られます

乳児期
個人差に応じて授乳を行い、離乳を進めていく中で、様々な食品に少しずつ慣れ、食べることを楽しむ。

満1歳以上満3歳未満
様々な食品や調理形態に慣れ、ゆったりとした雰囲気の中で食事や間食を楽しむ。

満3歳以上
保育士等や友達と食べることを楽しみ、食べ物への興味や関心をもつ。

パーティードレス ブライダルドレス ウェディングドレス 演奏会 イブニング フォマールドレス 卒業式 発表会 結婚式 フォマール レディース 花嫁 花嫁ドレス
内容や重要な点は認定こども園と同じですので割愛させていただきます。

【中古】 棚 コンセント WK300(S×3) ポケットコイルマットレス:ハード付き セドリック Cedric 収納付き大型モダンデザインベッド ベッドフレーム 種類:フレーム:ウォルナットブラウン×マットレス:ブラック

  • みんなで食事をする
  • 芋掘りや野菜栽培などの体験活動
  • 収穫した野菜などを使った料理づくり
  • 食べ物に関する絵本の読み聞かせ

具体的な活動例としては以上のことなどが考えられます。
子どもの教育には子どもの発達に応じて、適切な教育を行う必要があります
例えば、屠殺場見学などは幼児期の子どもにとっては、とても刺激的すぎるため、トラウマになる可能性があります。もちろん、屠殺場見学などは命の大切さを感じてもらうには有効的なものですが、幼児期の子どもにとって(小・中学校の子どもたちにとってもですが)適しているとは考えにくいです。
そのため、子どもの発達に応じて、理解しやすかったり、楽しく学べたりするコンテンツや工夫をするようにしましょう。

義務教育の食育

第1章 総則 第1 小学校(中学校)教育の基本と教育課程の役割 2(3)※クリックすると条文が見られます

学校における体育・健康に関する指導を,児童(生徒)の発達の段階を考慮して,学校の教育活動全体を通じて適切に行うことにより,健康で安全な生活と豊かなスポーツライフの実現を目指した教育の充実に努めること
特に,学校における食育の推進並びに体力の向上に関する指導,安全に関する指導及び心身の健康の保持増進に関する指導については,体育科(保健体育科),家庭科(技術・家庭科)及び特別活動の時間はもとより,各教科,道徳科<,外国語活動>及び総合的な学習の時間などにおいてもそれぞれの特質に応じて適切に行うよう努めること。
また,それらの指導を通して,家庭や地域社会との連携を図りながら,日常生活において適切な体育・健康に関する活動の実践を促し,生涯を通じて健康・安全で活力ある生活を送るための基礎が培われるよう配慮すること

※<>内は小学校のみで、()内は中学校で書かれています。

これは小学校・中学校学習指導要領にある食育に関することが書かれている一番大きな目標を示している文章です。
この文章をまとめると以下のようになります。

  • 体育・健康に関する指導を学校の教育活動全てを通して行う
  • (まとめ) コクヨ クリヤーブック(クリアブック)(POSITY) 替紙式 A4タテ 30穴 35ポケット付属 背幅53mm ブルー P3ラ-L740B 1冊 〔×10セット〕
  • 特に食育の推進・体力の向上に関する指導・安全に関する指導・心身の健康の保持増進に関する指導を教科の特質に応じて全てで行うようにする
  • 指導を通して、家庭・地域社会と連携しながら生涯を通じて健康・安全で活力ある生活を送るための基礎を培う

これらの目標を達成するために、「★人気★【SCULPTOR】 US Cotton Monogram Track Pant.s★パンツ」では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」に分けて、それぞれどのように教育を行なっていくのかについて以下のように示しています。

  • 知識・技能

エバラ FSW型片吸込渦巻ポンプ 60Hz 口径125mm 出力30kW ( 200X150FSW4J530B ) (株)荏原製作所 (メーカー取寄)

  • 思考力・判断力・表現力等

食生活や食の選択について、正しい知識・情報に基づき、自ら管理したり判断したりできる能力を養う。

  • 学びに向かう力・人間性等

主体的に、自他の健康な食生活を実現しようとし、食や食文化、食料の生産等に関わる人々に対して感謝する心を育み、食事のマナーや食事を通じた人間関係形成能力を養う。

このことから、学校に置いて食育は以下のように進められるべきであることがわかります。

  • 食事の重要性・栄養バランス・食文化などについて理解できるようにする
  • 健康・健全な食生活に関する知識・技能を身につけるようにする
  • 正しい知識・情報を使って自分の食生活などについて管理したり、判断できるようにする
  • 食や食に関わる人たちなどに対して感謝する心が育まれるようにする
  • 食事を通じた人間関係形成能力(コミュニケーション力)を育成するようにする

しかしこれでは、どのようにして食事の重要性などを理解するようにすればいいのか?健康・健全な食生活に関する知識・技能とはいったい何なのか?などについての疑問がまだまだ残ります。
そこで以下にある食育の視点を示すことによって、さらに具体的にどうすればいいのかについて示しています。

食育の視点

専用出品でございます٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪」では、上記の食育の目標を達成するために6つの「食育の視点」を以下のように示しています。

  • 食事の重要性、食事の喜び、楽しさを理解する。【食事の重要性】
  • 心身の成長や健康の保持増進の上で望ましい栄養や食事のとり方を理解し、自ら管理していく能力を身に付ける。【心身の健康】
  • 正しい知識・情報に基づいて、食品の品質及び安全性等について自ら判断できる能力を身に付ける。【食品を選択する能力】
  • 食べ物を大事にし、食料の生産等に関わる人々へ感謝する心をもつ。【感謝の心】
  • 食事のマナーや食事を通じた人間関係形成能力を身に付ける。【社会性】
  • 各地域の産物、食文化や食に関わる歴史等を理解し、尊重する心をもつ。【食文化】

食育の視点は、「食事の重要性」「心身の健康」「食品を選択する能力」「感謝の心」「社会性」「食文化」の6つで説明されています。
これらの視点はまだまだ抽象的でわかりにくいため、それぞれ、先ほどと同様に「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」に分けて説明されています。

【中古】 棚 コンセント WK300(S×3) ポケットコイルマットレス:ハード付き セドリック Cedric 収納付き大型モダンデザインベッド ベッドフレーム 種類:フレーム:ウォルナットブラウン×マットレス:ブラック
食事の重要性の「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」※クリックすると条文が見られます

知識・技能
食事は人間が生きていく上で欠かすことのできないものであること、食事には空腹感を満たしたり気持ちを鎮めたりする働きがあること、仲間との食事や食味のよさは心を豊かにすること、朝食をとるなど食事は規則正しくとることが大切であり、心と体を活動できる状態にし、持てる力を十分に発揮できるようになることなど、食事の重要性や食事の喜び、楽しさを理解できるようにする。
思考力・判断力・表現力等
食環境と自分の食生活との関わりなどを見つめ、必要な情報を収集し、健康な生活や健全な食生活を実現するために何が必要かを考え、適切に意思決定して行動できるようにする。
学びに向かう力・人間性等
食事に興味・関心をもち、健全な日常生活の基盤を支えるために、自ら調理して食事の準備をしたり栄養バランスに配慮した食生活を実践したりしようとする態度を養う。

これらをまとめると、食事の重要性などを理解するためには、以下のような活動が必要であることがわかります。

  • 人間が生きていくために食事は必要不可欠であることを理解する
  • 食事の良い効果について理解する
  • 規則正しい食生活の重要性を理解する
  • 食に関する情報を収集できる
  • 自分で理想的な食生活を実現するために考え行動できる
  • 食事に興味・関心を持つ
  • 自分で調理したり、栄養バランスを考えた食生活をしようとしたりしようとする心を育成する
心身の健康(心身の成長や健康の保持増進の上で望ましい栄養や食事のとり方を理解し、自ら管理していく能力を身に付ける。)
心身の健康の「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」※クリックすると条文が見られます

知識・技能
望ましい栄養や食事のとり方とともに、手洗いやよく噛むこと、よい姿勢や和やかな雰囲気づくりは、食事の基本であることを理解し、健全な食生活に必要な技能を身に付ける。
心身の成長や健康の保持増進には、朝食を含む1日3度の栄養バランスのよい食事摂取、適切な運動、休養及び睡眠が必要であることや、様々な食品にはそれぞれ栄養的な特徴があることを理解できるようにする。

思考力・判断力・表現力等
1日分の献立をふまえ、栄養のバランスをよくするために、簡単な日常食の調理を考えることができるようにする。
栄養や食事のとり方などについて、正しい知識・情報に基づいて自ら判断できるようにする。

学びに向かう力・人間性等
自分の食生活を見つめ直して、主体的によりよい食習慣を形成しようと努力する態度を養う。

これらをまとめると、食事の重要性などを理解するためには、以下のような活動が必要であることがわかります。

  • 食事の基本の栄養・手洗い・雰囲気などを理解する
  • 健全な食生活に必要なことを身につける
  • 1日3食の栄養バランスの良い食事や適切な運動・休養の重要性を理解する
  • 様々な食品の栄養的な特徴を理解する
  • 自分で理想的な食生活を実現するために考え行動できる
  • 食事に興味・関心を持つ
  • 自分で調理したり、栄養バランスを考えた食生活をしようとしたりしようとする心を育成する
食品を選択する能力(正しい知識・情報に基づいて、食品の品質及び安全性等について自ら判断できる能力を身に付ける。)
食品を選択する能力の「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」※クリックすると条文が見られます

知識・技能
学校給食にはいろいろな食品が使われていること、日常食べている食品、料理の名前、形、品質や栄養素及び安全面、衛生面等について理解し、これらを踏まえて簡単な調理を行うために必要な技術を身に付ける。
思考力・判断力・表現力等
食事の準備や調理、後片付けを行う際に、安全や衛生についてどういった点に気を付けることが必要かを考えることができるようにする。
食品の品質の良否を見分け、食品に含まれる栄養素やその働きを考え、適切な選択ができるようにする。

学びに向かう力・人間性等
食品表示など食品の品質や安全性等の情報を進んで得ようとする態度を養う。

これらをまとめると、食品を選択する能力を身につけるためには、以下のような活動が必要であることがわかります。

  • 日常の食品や料理名、その栄養素、安全・衛生面について理解する
  • 上記の知識を活用して簡単な調理を行う技能を育成する
  • 食事前後の安全・衛生についてどのようなことが必要か考える
  • 食品の良否を見分ける
  • 食品の栄養素とその働きを考えて選択する
  • 自分で食品の品質・安全性の情報を得ようとする心
感謝の心(食べ物を大事にし、食料の生産等に関わる人々へ感謝する心をもつ。)
感謝の心の「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」※クリックすると条文が見られます

知識・技能
食料の生産は、すべて自然の恩恵の上に成り立っていることを理解できるようにする。
食生活は、生産者を始め多くの人々の苦労や努力に支えられていることや食という行為は、動植物の命を受け継ぐことであることを理解し、食品を無駄なく使って調理するために必要な技能を身に付ける。

思考力・判断力・表現力等
自然界の中で動植物と共に生きている自分の存在について考え、食品ロスの視点も含めて環境や資源に配慮した食生活を実践するために何が必要かを考えることができるようにする。
学びに向かう力・人間性等
食事のあいさつで、食に関しての感謝の気持ちを表現しようとする態度を養う。

これらをまとめると、食品を選択する能力を身につけるためには、以下のような活動が必要であることがわかります。

  • 自然のおかげで自分たちの食事が成り立っていることを理解する
  • 全ての食事には多くの人や動物・植物のおかげであることを理解する
  • 食品を無駄なく活用するための技能を身につける
  • 自然と自分の関係について考える
  • 環境に配慮した食生活とはどのようなものか考える
  • 食に関する気持ちを伝えようとする心を養う
社会性(食事のマナーや食事を通じた人間関係形成能力を身に付ける。)
社会性の「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」※クリックすると条文が見られます

知識・技能
はしの使い方、食器の並べ方、話題の選び方などの食事のマナーを身に付け、協力して食事の準備や後片付けをするために必要な技能を身に付ける。
思考力・判断力・表現力等
相手を思いやることや、楽しい食事につながるために何が必要かを考えることができるようにする。
学びに向かう力・人間性等
食事が大切なコミュニケーションの場であるということを理解し、コミュニケーションを図ろうとする態度を養う。
健康で安心な社会づくりに貢献しようとする態度を養う。

これらをまとめると、社会性を身につけるためには、以下のような活動が必要であることがわかります。

  • 食事マナーを身につける
  • 協力して食事の準備や後片付けをするために必要な技能を身につける
  • 楽しい食事には何が必要か考える
  • コミュニケーション手段としての食事の重要性を理解する
  • 食事を通してコミュニケーションを取ろうとする態度を育成する
食文化(各地域の産物、食文化や食に関わる歴史等を理解し、尊重する心をもつ。)
食文化の「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」※クリックすると条文が見られます

知識・技能
自分たちの住む地域には、 昔から伝わる料理や季節、 行事にちなんだ料理があることや、日常の食事は、地域の農林水産物と関連していることを理解できるようにする。
自分たちの食生活は、他の地域や諸外国とも深い関わりがあることを理解できるように

思考力・判断力・表現力等
日本の食文化や食に関わる歴史にふれたり、諸外国の食事の様子を知ったりすることで、日本や諸外国の伝統や食文化を大切にするためには、何が必要かを考えることができるようにする。
学びに向かう力・人間性等
各地域の伝統や気候風土と深く結び付き、先人によって培われてきた多様な食文化を尊重しようとする態度を養う。

これらをまとめると、社会性を身につけるためには、以下のような活動が必要であることがわかります。

  • 郷土料理・伝統的な料理や季節・行事ごとの料理があることを理解する
  • 日常の食事には地域の農林水産業が関係していることを理解する
  • 日本や外国の伝統や食文化を大切にするためには何が必要か考える
  • 様々な食文化を尊重しようとする態度を育成する

【中古】 棚 コンセント WK300(S×3) ポケットコイルマットレス:ハード付き セドリック Cedric 収納付き大型モダンデザインベッド ベッドフレーム 種類:フレーム:ウォルナットブラウン×マットレス:ブラック

小学校・中学校の学習指導要領や食育の視点などを整理してみると、「給食」がどれだけ大きな教育効果があるのかと感じていただけているかと思います。

例えば、給食を食べながら友達と楽しくおしゃべりをする(コミュニケーションをとる)ことによって、食事の楽しさがわかりますし、食事の準備や片付けも自分でかつ協力して行うことができます。

また、献立表にも栄養素が書いてあることが多いのは、どんな食事でどのような栄養が取れるのかを子どもたちにわかってもらうためにあります。

さらに、結構話題で取り上げられる地域限定の給食のメニューも食育の要素が含まれていると考えることができます。広島県のカキのソテー焼きや富山県の湯でズワイガニ、長崎県の皿うどんなどのご当地給食メニューは基本的にその地域で撮れるものや昔ながらの郷土料理である場合が多いです。
このような料理を給食に取り入れることによって、地域の料理などの食文化や食材を調達している地域の人たちに話を聞きにいくこともでき、生産者への感謝の心を育成する活動にもつながります。

このように、給食は「食育の視点」である食事の重要性・心身の健康・食品を選択する能力・感謝の心・社会性・食文化の全てに貢献することができる最強の教材であることが分かったと思います。

未使用品 グッチ GUCCI ヘアバンド ライトピンク 572206・3G001 シルク レディース その他アクセサリー給食だけではなく他の教科やその他の教育活動においても同時に行われるべきものであるので、給食だけやっていれば食育ができていると考えないように注意しましょう。

しかしまず、学校での食育が適切に行われているのかというところは、給食がきちんと食育の視点を満たすように活用されているのかを見てみるといいでしょう。

家庭と食育


これまで、学校での食育について整理してきましたが、学校と同様に、家庭での食育も非常に重要です。
食育基本法では、家庭の食育の重要性から以下のように食育における家庭の役割について規定しています。

食育基本法 第5条(子供の食育における保護者、教育関係者等の役割)※クリックすると条文が見られます

我が国の未来を担う子供への食育の推進は、健全な心身と豊かな人間性を育んでいく基礎をなすものであり、子供の成長、発達に合わせた切れ目のない推進が重要である。
そこで、父母その他の保護者や教育、保育に携わる関係者等の意識の向上を図るとともに、相互の密接な連携の下、家庭、学校、保育所、地域社会等の場で子供が楽しく食について学ぶことができるような取組が積極的になされるよう施策を講じる。
子供への食育を推進する際には、健全な食習慣や食の安全についての理解を確立していく中で、食に関する感謝の念と理解、食品の安全及び健康な食生活に必要な栄養に関する知識、社会人として身に付けるべき食事の際の作法等、食に関する基礎の習得について配意する。
また、社会環境の変化や様々な生活様式等、食をめぐる状況の変化に伴い、健全な食生活を送ることが難しい子供の存在にも配慮し、多様な関係機関・団体が連携・協働した施策を講じる。

この条文のポイントは以下の通りです。

  • 子どもへの食育の推進は、子どもの成長・発達に合わせて行うことが重要
  • 父・母などの保護者と教育・保育に関わる人が連携して、家庭・学校・地域などで子どもが楽しく食について学べるようにする
  • 子どもの食育では、健全な食生活・食の安全について理解できるようにする
  • 子どもの食育では、食に関する感謝の気持ちを持つようにする
  • 子どもの食育では、食品の安全・健康な食生活に必要な栄養についての知識を習得できるようにする
  • 子どもの食育では、社会人として必要な食事マナーを身につけるようにする

つまり、家庭での食育では、食に関する基礎的な部分の習得ができるようにするべきであることがわかります。
食に関する基礎的な部分とは、健全な食生活を行うための知識であったり、人を不快にさせない、気持ちよく食事ができるなどの食事のマナー、食品の安全について(極端ですが、フグには毒があり資格がある人が人が捌いたものでないと食べてはいけないなどです)などのことを指します。

しかし、これでは家庭で教えるべきことはわかってもどのように子どもに食育をしていくのかがわかりません。
そのため、下に簡単に取り入れることができる家庭での食育について書いていますので、このまま読み進めてほしいです!

家庭での食育の身近な取り組み例

少なくとも1日1回は一緒にご飯を食べる

最も簡単で取り入れやすい家庭での食育は「家族一緒に食事をとる」ことです。
人と一緒に食事をすることは楽しいことで、その相手が大切な家族との食事であれば楽しいことは言わずもがなでしょう。

大切な家族と食事を取ることによって、食事の楽しさがわかったり、食事のマナーについて話し合いをするきっかけになったりもします。
Vemiss 3 PACK Eyeglasses Pouch Squeeze Top Sunglasses Case with 3 Sets

ニューエラ レディース 帽子 アクセサリー Women's New Era Cream Denver Broncos Blossom Bucket Hat

一緒に料理を作る

一緒に料理を作る」ことも家庭でできる食育の1つでしょう。
一緒に料理をすることで、どの料理にはどんな食品が使われているのか、食品そのものを生で触ること、調理方法を実践することなど食事をするときに必要なスキルを学ぶことができるでしょう。
また、家族で食事を取ることと同様に家族間のコミュニケーションが増加することが考えられます。

自分が作った料理を家族に食べてもらい、美味しいやありがとうと言ってもらえることなどから、感謝することの重要性を感じて、普段食事を作っている人たちなどの食に関わる人たちへの感謝の気持ちを持つようになることも考えられます。

ただ一緒に料理を作るだけでなく、「一緒に献立を作成する」こともとても効果的な食育です。
一緒に献立を立てることで、どんな料理の組み合わせがいいのか、どういう食材を使うと栄養バランスがいいのか考えることにつながります。
秋 レディース ファッション 冬 ブラック コート ロング丈 アウター きれい目 オフィスカジュアル 通勤 大人きれい

【中古】 棚 コンセント WK300(S×3) ポケットコイルマットレス:ハード付き セドリック Cedric 収納付き大型モダンデザインベッド ベッドフレーム 種類:フレーム:ウォルナットブラウン×マットレス:ブラック

次に、ゲームで楽しみながら食育を進めていくことも1つの方法です。
食育を目的とした様々なボードゲームが販売されています。
ボードゲームを使うことによって、子どもは楽しみながら食について学ぶことができます。
このボードゲームも年齢に合わせて、選択する必要があります。

以下に食育を目的としたおすすめのボードゲームを紹介していきます。

  • 未就学児・小学校低学年向け
  • 小学校中学年以上向け

サラダマスターについて詳しくはコチラの記事をご覧ください!

家で遊びながら食育ができるボードゲーム「サラダマスター」の魅力や教育効果などを紹介!

まとめ

今回は、「食育」について定義・目的や学校・家庭での食育について整理してきました。
「食育」は子どもが将来生きていく上で、最も基本的な部分で、とても重要であることがわかってもらえたと思います。
そのため、身近な小さなことからでも、今回知ってもらえた食育の目的を思い出して、食育に取り組んでもらえたら、とても嬉しいです!
ありがとうございました!

関連記事

グランツ ナイトテーブル NT508 幅30cm 玄関渡し サイドテーブル チェスト 引出し 1口コンセント LED照明 3色対応

参考文献

コメントを残す 新品COFFEE MEASURE7

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です